マガジンのカバー画像

キャディの人たち

175
キャディで働く人たちが発信したnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

#スタートアップ転職

キャディ2022年の羅針盤 ~品質管理オペレーションが振り返る2021年~

こんにちは。キャディという5期目のスタートアップでQuality & Deliveryという領域を担当しているKoheiといいます。 今年も早いもので年の瀬ですね。令和生まれのリスナー諸氏は知らないかもしれませんが、昭和に生まれ平成を駆け抜けたアラフォーの私たちににとって12月23日は30年以上祝日でした。 どうしたことかこの数年12月23日は祝日にあらず、クリスマス・イブ・イブでしかない平々凡々とした暦になってしまいました。上皇様がご存命の限り、わたしはこの良き日を心の祝日

スキ
33

スタンダードを生み出すという壮大なミッション

こんにちは! キャディという創業5年目の会社でオペレーションマネージャーをさせていただいいる山本です。自己紹介は私の過去イチ読まれたnoteを読んでいただけると。今も時々入社を迷っている方の背中を押したり押さなかったりしているnoteです。 このnoteも気に入ってもらえたらぜひスキを押してください:-) 今回はタイトルのとおり、”スタンダードを生み出す”ということに対するキャディの役割や覚悟を改めて考えたことを話したいと思います。 なぜスタンダードが必要なのか?Sta

スキ
38

スタートアップの組織を作るフェーズで大事にしているマインド

突然ですがキャディに必要なのは東大出身のコンサル経験者やほかのスタートアップのCXO経験者だけではありません。 どっちの属性も持たない私が書くとめっちゃ滑稽なのですが、最近のキャディを中からみて感じたことや、同僚と話して頭に浮かんだこと整理する目的でnoteを書きます。 あらためて多様性とは キャディのダイバーシティ推進室所属の山本です(勝手に名乗ってます) キャディも200名を超えるような組織になりつつあり、人材の多様化は否応なしに進んでいます。 先日ES部のミーティン

スキ
61

シマウマから学ぶ"ダイバーシティ”~多様性欠如の先にあるもの~

こんにちは。キャディ株式会社というスタートアップで品質に関することや、組織のダイバーシティ推進を担当している山本といいます。 久しぶりにダイバーシティについて書きたくなりnoteを書いています。 私は基本的にダイバーシティが組織を強くすると信じていて、前職でもPwD(People with Disability)というワーキングループに所属していて、様々なバックグラウンドを持った人がお互いに尊重しあって働ける環境を作ることにコミットしたいと考えていました。 下のサイトには

スキ
22

非常識を常識に変える

2021年の1月からキャディ株式会社で働き始めました。皆さんがやっているような入社エントリを書こうかとも思ったのですが、あまり面白い話にならなさそうだったので少し趣向を変えてみます。今、自分が成し遂げたいと思っている事と、それがなぜキャディでできるのかという事について。 キャディのミッションキャディは「モノづくり産業のポテンシャルを解放する(Unleash the potential of manufacturing)」というミッションを掲げています。日本はかつて「技術立国

スキ
47

スタートアップ社員が喜ぶ X'masプレゼント5選!~加工品の品質管理男子厳選~

Advent calendarも残すところ今日を含めて3日となり、クリスマスが目前ですね。 このnoteはCADDi Advent Calendar 2020の23日目のエントリーです キャディで品質にまつわる領域を担当している山本です。入社の経緯は過去のnoteをご覧いただければ幸いです。 今日はキャディ社員が今年欲しいクリスマスプレゼントを、統計とは無関係の独断と偏見によるランキング形式で発表しますね。 キャディについての説明は他の日のアドカレをご覧いただければ嫌に

スキ
30

コロナ禍でスタートアップでの働き方はどう変わったか。 ~キャディで働く30代ワーキングファーザーの場合~

2020年3月にキャディというスタートアップにジョインしてから直ぐに外出自粛によるリモート勤務に切り変わり、目まぐるしく変化する環境で、どの様なことが起こったのかを振り返ってみたいと思います。 *キャディ社内でも重要なオペレーションの遂行のために自粛期間も含め毎日出勤してくれているメンバー、医療従事者やその家族の方に感謝と敬意を表します。 きっかけキャディでは子持ち世代も活躍していることを知っている方もいらっしゃると思います。とは言え外から見たらどうなんだろうと気になる部

スキ
27

嫁ブロックを乗り越えた話

2020年3月にキャディというスタートアップにジョインして3か月が経過し、晴れて試用期間を満了したので、入社時のことを振り返っておきたいと思う。当時のフレッシュな想いとかその時考えていたことが薄れてしまわないように、Day1を常に脳裏に焼き付けてこれからも生きていきたい。 大企業からスタートアップへの転職を迷っているひとにも届け。  キャディとの出会い私がキャディを知ったのは2019年の前半(?)のNewsPicksの生地(最近”きじ”と打つと変換候補はこっちで、製造業に

スキ
239