マガジンのカバー画像

キャディの人たち

175
キャディで働く人たちが発信したnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

#slack活用

Slackの社内アナウンスを確実に届ける7つのコツ

Slackのアナウンスは一筋縄では届かない、、こんにちは、キャディの斉田です。 オペレーションの企画運用、カルチャー施策の推進などを担当しています。 役割柄、Slackで新しい施策などの周知をする機会が多く、最近悩みごとがあります(今日もちょうど四半期ごとのWin Partyの参加アンケートを送ったところでした)。 キャディに在籍して早2年半ほど経つのですが、 ①人数の急増(30人→200人) ②リモートワーク化 という変化のせいで、Slackで社内に情報を周知しようとして

スキ
22

効率的なコミュニケーションを意識したCADDiのSlackの歩き方 β版

今回はキャディにおけるスラックの運用ルールについて公開させていただきます! 前提 ・2020年1月時点のルールです ・まだまだ改善中で、β版と考えてください 課題:統一性がないチャンネルの乱立により、情報が散らばっていたキャディはテクノロジーと併せて「オペレーショナル・エクセレンス」もビジネスの根幹の一つとして捉えています。その実現のためにはコミュニケーションコストを下げ、情報の受け渡しを迅速かつ的確に行うことが非常に重要な要素となっています。 しかし、私の入社前はSl

スキ
52