マガジンのカバー画像

キャディの人たち

175
キャディで働く人たちが発信したnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

#CADDi

1年で指数関数的成長を体験した、私と図面解析プロダクトと。

こんにちは、imaimaiです。 皆さん、圧倒的成長してますか?私はしてしまいました。このグラフをご覧ください。 これは私が入社して図面解析プロダクト"Orama"のPdM になってから、社内の分析で一度に扱うようになった図面の枚数です。どのへんが圧倒的かというと、「縦軸が対数グラフ」というところです。社内の事業の伸びを考えると多項式成長なんてしていられません。 このように、指数関数的な一年だったわけですが、この指数関数的な成長の最中で何を学び、プロダクトや環境がどう変わ

スキ
55

キャディ2022年の羅針盤 ~品質管理オペレーションが振り返る2021年~

こんにちは。キャディという5期目のスタートアップでQuality & Deliveryという領域を担当しているKoheiといいます。 今年も早いもので年の瀬ですね。令和生まれのリスナー諸氏は知らないかもしれませんが、昭和に生まれ平成を駆け抜けたアラフォーの私たちににとって12月23日は30年以上祝日でした。 どうしたことかこの数年12月23日は祝日にあらず、クリスマス・イブ・イブでしかない平々凡々とした暦になってしまいました。上皇様がご存命の限り、わたしはこの良き日を心の祝日

スキ
33

シン・ポジショントークっていうのを考えてみた

〜はじめに末筆〜 note書くなら解放賞受賞のことも書いてねという囁きが聞こえましたが、筆がそちらに乗らずに困っていたところ、昨日弊社のPdM兼初代社内報編集長のあべしょーさんの社内報noteが公開されていたので、ここで社内(外)報をお知らせすることでうまくつながりました!ニッコリ ↑取り上げていただいております。 キャディでプロジェクトマネジメントチームに所属しています、郷田藍里と申します。2020年4月入社なので1年9カ月くらいキャディで働いています。 この記事は、

スキ
36

自分で自分にインタビューしてみた! 適材適所!強みを活かして成長していく。

皆さんこんにちは!キャディの岩佐と申します! キャディのアドベントカレンダーというイベントの一環でnoteを書かせて頂きます。 自分の事を振り返って言語化する事ってとても良い機会だなと思っています。 何を書こうかなと思いながら、やはり今年の6月に頂いた解放賞についてかな? でも解放賞については社内報でインタビューされるとも聞いたし、、、 ?!?! そういえば私インタビューされてないぞ そろそろ来るかなー?と思っていたら同じQの郷田先輩と次のQの中村先輩がインタビューされてい

スキ
36

Slackの社内アナウンスを確実に届ける7つのコツ

Slackのアナウンスは一筋縄では届かない、、こんにちは、キャディの斉田です。 オペレーションの企画運用、カルチャー施策の推進などを担当しています。 役割柄、Slackで新しい施策などの周知をする機会が多く、最近悩みごとがあります(今日もちょうど四半期ごとのWin Partyの参加アンケートを送ったところでした)。 キャディに在籍して早2年半ほど経つのですが、 ①人数の急増(30人→200人) ②リモートワーク化 という変化のせいで、Slackで社内に情報を周知しようとして

スキ
22

”モノづくり産業のポテンシャルを解放する”キャディの、Slackの実態に迫る

この記事は、CADDi Advent Calendar 2021の5日目にエントリーしています。 はじめまして!キャディ株式会社でカスタマーサクセスをしているさいとうです。 私はキャディの壮大なミッションと躍進を続けるチームに心奪われ、先月11月に入社したばかりの人間です。 そんなぴちぴちの視点で、日々キャディ社内の仕組みや企業文化にとても驚くことばかりですが、なかでもキャディのSlackは一味違う!ので、この場でレポートしちゃいます! カスタムスタンプが一味違う創業

スキ
45

キャリアは「決断すること」より「決断を正解にする」プロセスこそ大事という話

自己紹介モノづくり産業のポテンシャル解放をミッションに掲げるキャディでディレクターという仕事をしている佐野です。 端的に表現すると、理系→大手メーカー→スポーツベンチャー→製造ベンチャーというキャリアを辿っています。 高専を経て大学で物理学を学んだ後、2013年に新卒で任天堂へ入社しました。任天堂では調達部門に所属し、ゲーム機の部品調達や製造立ち上げに携わりました。学生時代から卓球に熱中してきたこともあり、30歳の節目で2018年に卓球スクールを運営するタクティブへ転職。

スキ
84

1年8か月かけて解放賞を獲得したお話

キャディ株式会社という製造業向けプラットフォームを提供する会社で、Directorをしており、カスタマーサクセスや事業開発を担っております。毎週ドラゴンボールかな?と思うくらいの課題難易度のインフレが起こり、常にボス戦みたいな気分で毎日を過ごしております中村です。 この記事は、CADDi Advent Calendar 2021の3日目にエントリーしています。 Directorってどんな仕事か。周りから、キャディで何をやっているかと聞かれるので、今週1週間の時間の使い方を

スキ
28

急成長スタートアップひとり広報、3年間のドタバタ劇ふんわり回顧録

昨年から始めたキャディのアドベントカレンダーですが、今年2回目を開催することにしました! 何を書こうかな〜と迷いましたが、個人的にキャディに入ってちょうどまる3年のタイミングなので、ひとり広報としての変遷や印象的だったことなどふんわり回顧してみようかなと思います。 この記事は、CADDi Advent Calendar 2021の1日目にエントリーしています。 キャディに入ったとき私がキャディに入社したのは2018年の12月(実質11月半ばから稼働)でした。 内定承諾を

スキ
82

デザイナーがはまったプロダクト開発の罠

皆さんこんにちは!キャディでプロダクトデザイナーをやっているモリと申します。よろしくお願いします。 今回はキャディの話ではなく少し昔の話をしようと思います。僕自身がとあるプロダクト開発の現場で行き詰まった時の話です。 もしデザイナーで同じような状況で悩んでいる方がいましたら参考にしてみていただけると嬉しいです。 こんな経験ありませんか?僕は以前C向けサービスを開発・運営している会社(仮にA社とします)でデザイナーとして働いていました。 ある時、開発チームはマネジメントが

スキ
14

解放賞に必要だったエンジニアとしての成長

はじめにこんにちは、キャディで原価計算システムのバックエンドエンジニアをやっている高橋と申します。 この記事は、CADDi Advent Calendar 2021の14日目にエントリーしています。 ありがたいことに、前Qに「解放賞」という社内賞を頂けまして、私もこの企画に参加させてもらうことになりました。解放賞の説明や受賞の経緯は、こちらの記事を是非ご参照下さい。 https://caddiinc.com/n/nb979dd7d80a5?gs=109443834838

スキ
19

GAS完全理解チュートリアル:在庫管理ツールを作成してみよう。

日々の業務でどうしても単純作業発生してきますよね? やりたくないなーとは思いながらもやらないと仕事が進まない、そんな作業はできるだけ自動化したいよね。ということでキャディアドベントカレンダー9日目、ここまでとは少し趣向を変え、GAS(特にスプレッドシートの操作)のチュートリアルを書きました。 最後まで完走すると、所要時間半日程度は必要になるかと思います。(長っ) もし自動化、GASには興味ないけどキャディには興味あるよ!という方がこのnoteを開いてくださっていたら、目次か

スキ
55

キャディ×コーポレートIT

はじめまして。キャディのコーポレートエンジニアの星野です。 入社して約5ヶ月、キャディ1人目のコーポレートITとして奮闘する日々を過ごして参りました。今回は私の主観でキャディのコーポレートITについて書いてみましたので、お読みいただけると嬉しいです。 1.キャディについてキャディってどんなことやっているの?という方は以下を見てもらえると少しはイメージつくのではないかと思います。 2.簡単に自分のこと 私は某大手メーカで10年間勤務しており半分はインフラエンジニア、もう半

スキ
27

【社内報から公開!】3Q&4Q「解放賞」受賞者インタビュー

「解放賞」とは?キャディの成長を支える"個”のポテンシャル解放を促す仕組みキャディではMVPとは別に、「解放賞」という賞があります。 解放賞とは、もっとも大きく自身のポテンシャルを解放して、事業成長にも貢献した人に贈られる賞です。 解放賞については、先日公開された新R25の記事でも触れています! その解放賞を受賞したメンバーへのインタビューを実施したので一挙公開! それではFY21の3Qと4Qでそれぞれ解放賞を受賞した中村、高橋、郷田のインタビュー記事をどうぞ! (※

スキ
17