キャディの人たち

148
キャディコーポレートの裏側:製造業DXに真正面から向き合う会社のこれまでとこれから
+6

キャディコーポレートの裏側:製造業DXに真正面から向き合う会社のこれまでとこれから

コーポレートの伊藤です。 先日、資金調達のリリースを出させて頂きました。 一つ節目ということで、これまでの歩みをコーポレート目線で振り返りつつ、これからの話についても触れられたらと思います。 僭越ながらミートアップも開催するので、更に深ぼった話を聞きたいという方は是非ご参加ください。 キャディのコーポレートって何が大変なの?まず製造業の受発注プラットフォームとして、管理部に何が求められるのでしょうか?前職はウェブサービスを提供する会社だったのですが、正直入る際は「ちょっ

スキ
20
採用拡大フェーズに突入して採用ATSをHubspotからHERP Hireに移管した話
+8

採用拡大フェーズに突入して採用ATSをHubspotからHERP Hireに移管した話

はじめにこんにちは。キャディ株式会社のHRで採用のリーダーをしています。2019年の年末に、「HRMOSからHubspotに採用ATSを移管した」ってnoteを前任のあんでぃが出していたのですが、そこから1年半‥‥実は2021年6月にHERP Hireに移管しています。「キャディさん、Hubspotどうやって使ってるか教えて!」なんて聞かれることも多く「あ、いや、あの、もう、じつは」ってなってたこともあり、またHERP激ラブな我がチームを代表して、この移管にまつわる話をまとめ

スキ
70
キャディ採用担当が選考エントリーから入社1ヵ月経つまで
+2

キャディ採用担当が選考エントリーから入社1ヵ月経つまで

はじめまして!キャディ株式会社HRの太田です。 この度キャディではシリーズBラウンドで80.3億円の資金調達を実施しました。2030年にはグローバル1兆円の受発注プラットフォームを目指しており、今後、製造業マーケットでの変革とさらなる成長を加速させていく予定です。 私自身は2021年8月にキャディに入社し、採用担当としてキャディの成長を組織の面から加速させるべく、日々奔走しています。 こちらのnoteでは、実際にエントリー~入社1ヵ月の現在までを振り返りながら、キャディの

スキ
41
キャディの組織のこれまでの歩みとこれから
+6

キャディの組織のこれまでの歩みとこれから

はじめまして。 キャディでHRの責任者をしている原です。 キャディは、8月24日のリリースの通り、シリーズBラウンドで80.3億円の資金調達を実施しました。今後は受発注のグロースを起点に、図面管理や生産管理などの周辺プロダクトへの拡張、更にはそこで蓄積されたデータなどのアセットを活用して様々な領域へビジネスを拡張することで、2030年までにグローバル1兆円のプラットフォームを目指します。 このnoteでは、上記の実現に向けてHRが担う役割をこれまでの歩みと共にお伝えできれ

スキ
114
人事でスタートアップに行くならCADDiを薦める7つの理由(人事未経験の営業つよつよの人にも見てほしい!)

人事でスタートアップに行くならCADDiを薦める7つの理由(人事未経験の営業つよつよの人にも見てほしい!)

「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに掲げるキャディ株式会社で人事でビジネス本部とコーポレートの採用の責任者をしています、横野です! いまコーポレートでキャディをおすすめする7つの理由シリーズ(労務・経理)を最近やっております。いまキャディでは急速に拡大フェーズに突入!急拡大フェーズを控え、事業推進・採用を行っています。(他社の人事に目標を共有すると「えっ‥‥!?」って大体言われますw) この急拡大フェーズにおいて、当然いろんなものが必要なんですけど、そ

スキ
40
キャディに飛び込んだ私の物語

キャディに飛び込んだ私の物語

初めまして、キャディEmployee Success(一般的にいう人事機能をもつ部署)の梅木です。簡単に私がどんな経緯でキャディに入社したのか、ほやほやのうちに想いを綴ろうと思います。そして、キャディという急成長しているスタートアップで人事をする覚悟と、見えている景色を共有したいなと思っています。最近、よく面談で聞かれる社内の雰囲気や普段のコミュニケーションについてもお伝えできるように書きます!よしっ キャディとの出会いは2年前…ある日突然「インターンで参加したすごい会社が

スキ
88
【大公開】キャディのエンジニア採用History

【大公開】キャディのエンジニア採用History

この記事は、CADDi Advent Calendar 2020の4日目にエントリーしています。 こんにちは。 キャディ株式会社Employee Success Groupの安藤です。 早いもので、キャディに入社してから1年半が経過し、年の瀬にまた何か書こうかなと筆を取りました。 今回は、普段たくさん相談をもらう、キャディのエンジニア採用どうやってきたの?をテーマにつらつらと書いていきたいと思います。読み物みたいになったので、よければお付き合いください。 Agenda・

スキ
36
採用ATSをHRMOSからHubspotに移管して採用管理を最適化してみた

採用ATSをHRMOSからHubspotに移管して採用管理を最適化してみた

前置きキャディ株式会社は3期目を迎え、社員数は70名となり、来年はさらに攻める年になります。おかげさまでたくさんのご応募をいただき、私もキャディにジョインしてから数え切れないほどの面接、面談を実施してきました。その大量の候補者の方々の管理をHRMOSでやってきたのですが、今後さらにスケーラブルな採用を実現するためにもっと適したものはないのかを模索していました。人事のみんな誰しも一度そのATS探しの旅に出たことはあるのではないでしょうか。その結果、行き着いたのがHubspotと

スキ
76