キャディの人たち

148
スタートアップの組織を作るフェーズで大事にしているマインド

スタートアップの組織を作るフェーズで大事にしているマインド

突然ですがキャディに必要なのは東大出身のコンサル経験者やほかのスタートアップのCXO経験者だけではありません。 どっちの属性も持たない私が書くとめっちゃ滑稽なのですが、最近のキャディを中からみて感じたことや、同僚と話して頭に浮かんだこと整理する目的でnoteを書きます。 あらためて多様性とは キャディのダイバーシティ推進室所属の山本です(勝手に名乗ってます) キャディも200名を超えるような組織になりつつあり、人材の多様化は否応なしに進んでいます。 先日ES部のミーティン

スキ
55
「家庭・仕事のどちらを諦めるか」で悩まなくていいようにしたい

「家庭・仕事のどちらを諦めるか」で悩まなくていいようにしたい

この記事は ・昇進の打診があって仕事が忙しくなりそうだけど、家事育児もあるし断ろうか悩んでいる方 ・比較的時間に余裕のある職場から、ハードワークな職場に転職を検討しているけど、時間的な制約が心配な方 ・家庭状況の変化(出産や介護など)により、今の職場で働き続けるべきか悩んでいる方 を主な対象にしています。 加えて、上記のような部下を持つマネージャー層や、今まで家族と腹を割って「この家事どこまでやるべき?」みたいな話をしたことがない方にも読んでもらえると嬉しいです。 ハードワ

スキ
41
シマウマから学ぶ"ダイバーシティ”~多様性欠如の先にあるもの~

シマウマから学ぶ"ダイバーシティ”~多様性欠如の先にあるもの~

こんにちは。キャディ株式会社というスタートアップで品質に関することや、組織のダイバーシティ推進を担当している山本といいます。 久しぶりにダイバーシティについて書きたくなりnoteを書いています。 私は基本的にダイバーシティが組織を強くすると信じていて、前職でもPwD(People with Disability)というワーキングループに所属していて、様々なバックグラウンドを持った人がお互いに尊重しあって働ける環境を作ることにコミットしたいと考えていました。 下のサイトには

スキ
20
ダイバーシティ・インクルージョン実践編〜カラフルな多様性を受け入れる〜

ダイバーシティ・インクルージョン実践編〜カラフルな多様性を受け入れる〜

キャディの山本浩平です。山本は数名いるので今回からKoheiを推していきたいです。 さて前回唐突にダイバーシティ・インクルージョンについてnoteを書いたのですが、キャディとダイバーシティの関係について書き忘れたのではじめに補足させてください。 キャディの文脈でのダイバーシティキャディについては以下の記事をご覧ください。 キャディのコアバリューは、至誠、一丸、大胆、卓越と定義されています。ダイバーシティとはすなわち、キャディのバリューの”一丸”に当たると個人

スキ
29
5分で解るダイバーシティ・インクルージョン 〜多様性を尊重した組織づくり〜

5分で解るダイバーシティ・インクルージョン 〜多様性を尊重した組織づくり〜

3月にキャディにジョインした山本です。 キャディでは先日、全社員対象にモチベーションクラウドのサーベイを実施し、組織の健康診断を行いました。その結果をレビューした中で、ダイバーシティに関するフィードバックがありました。 これまで何となく行われてきたコミュニケーションに「あれ?」と疑問を持つ人が出始めたのです。これはとても良いことで、これこそが正にキャディが多様な仲間と共に歩み始めたという証左です。 そこで、このnoteでは社員の皆さんがダイバーシティ・インクルージョンとは

スキ
44