見出し画像

学生向けミートアップを初開催!”劇的に成長できるインターンの秘密”イベントレポート

こんにちは、キャディnote編集部です。

今回は2月24日、キャディで初開催した学生向けミートアップ「学生必見!元コンサル・商社に聞く、劇的に成長できるインターンの秘密とは?」の様子をご紹介します。

現在キャディには約10人ほどの長期インターン生が在籍しており、それぞれが所属先の部署で活躍しています。社長室でキャディのサービス強化・拡張をしている人もいれば、マーケティング部署で展示会の企画・運営をリードしている人、広報で記事の執筆をしている人もいて、幅広い業務に従事しています。

キャディの長期インターンの条件は、「週4以上フルタイムでコミットできること」としていて、これは決して低いハードルではないと思います。しかし多くのインターンが彼らの学生生活の大半の時間を使ってコミットし、結果劇的な成長を遂げ、社員と同じように活躍しています。

裁量の大きい仕事を任せられるキャディの長期インターン。今回はその「劇的に成長できるインターン」の中身についてお伝えしたミートアップの内容をまとめました!

〜この記事に出てくるインターン生〜

2.24インターンイベント参加インターン生

2人について詳しくはこちら。

〜この記事に出てくるキャディ社員〜

2.24インターンイベント参加社員

オープニング

画像5

キャディのインターン生で東京大学経済学部4年の朱元による挨拶から始まった今回のミートアップ。参加者の募集期間が数日間と短かったにもかかわらず、当日は約15人ほどの学生にご参加いただき賑やかなイベントになりました。

キャディについての説明

画像5

続いてサプライチェーンマネジメント部でパートナー開発のリーダーを務める後藤からキャディの事業やミッションバリューについて説明させていただきました。慶応大学から三菱商事に入社後、タイへ留学をして出家した経験も持つ後藤のように、キャディにはユニークな経験を積んできたメンバーが多く集まっています。

パネルディスカッション

iOS の画像 (2) (2)

ミートアップの前半が終わったところで今回のメインイベントであるパネルディスカッションへ。キャディインターン生の山田とキャディ社員の後藤、高橋がいただいた質問をベースにお答えしていきました。(質問と答えの一部をご紹介)

Q1. 成長できるインターンの条件とは?
山田:大きく2つで、1つ目が事業の成長角度とスケールが大きいこと、2つ目が裁量を大きく持ってやれることだと思います。1つ目に関しては環境要因が大きく、キャディのような急拡大を続ける企業に早くから身を置けていることを幸運に感じています。2つ目に関しては、どれだけ強い覚悟を持ってコミットできるかが重要だと思います。会社がフラットであるという風土なども影響しますが、スキルのない僕たち学生にとって何より重要なのは覚悟。覚悟を決めて事業にコミットし邁進すれば、実力以上の仕事が回ってくるチャンスが訪れると思います。それを繰り返すと自ずと裁量も大きくなり、成長度合いも大きくなります。

Q2. 社員目線でインターン生とはどのような存在ですか?
高橋:インターン生だからと言って社員との区別はしておらず、一メンバーとして仕事を任せたり相談したりしています。インターン生含めキャディのメンバーは上司にあたる1個上の目線から考えることを要求されるので、成長角度は必然的に高くなります。

Q3. 具体的なインターン生の業務は?
高橋:インターン生だからこの業務を担当するというルールはなく、採用やお客さんの対応など多岐に渡ります。これは中途採用のメンバーと異なり学生には社会人としての経験やスキルがなく、どの業務でも担当できる可能性があるからです。その意味でキャディのインターンは柔軟性が高いと思いますね。

Q4. キャディにしかない良いところを教えてください。
高橋:プロフェッショナルとして働くために必要な2つの力が身に付けられることだと思います。一つ目が社会人として成果を出すためのマインドセット、二つ目は課題解決力です。キャディには今問題がたくさんあるため、それらを解決するためにこの2つの力が必要となります。また課題解決力は例えば「30歳までにどうキャリアを築くか」といった事にも応用できるため、今後の人生に大きく影響を与えうると思います。

Q5. インターンをしているモチベーションは?
山田:やはり成長している実感が得られる事だと思っています。キャディでは三ヶ月間で担当する業務内容が変わる事が多々あるのですが、その三ヶ月を振り返った時にまた一つできる事が増えたと実感できるのは大きくモチベーションに繋がります。もちろん苦しい場面も多くありますが、それを乗り越えることによって強くなれると思えば頑張れますね。

おわりに

イベントのほんの一部分の紹介となりましたが、キャディのインターンについて、少しでも雰囲気を感じ取っていただけたら嬉しいです。裁量が大きくチャレンジングな環境で最大限にコミットできるキャディの長期インターンに惹かれた方は、ぜひキャディのインターンに挑戦してください!

インターンへの募集はこちら

次回以降のインターンイベントについては、こちらのツイッターアカウントにて情報を発信していきます!


この記事が参加している募集

イベントレポ

スキありがとでぃ!
3
キャディ株式会社のnote公式ページです。 日々の活動やお知らせ、取材記事や社員のnote、最新情報など、キャディの”応援の輪”を広げていく発信をしていきます。 Mission:「モノづくりのポテンシャルを解放する」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。