キャディの人たち

148
「製造業出身ではないヒトが今のキャディに入る意味ってなに?」というご質問に答えます
+9

「製造業出身ではないヒトが今のキャディに入る意味ってなに?」というご質問に答えます

「やはり自分は製造業に対してそこまで強い思い入れが持てず、内定を辞退します。。 選考中、御社のみなさんに非常に良くしていただいたこと、本当に感謝しております…!」 これは、先日弊社の内定を辞退された方から伝えられた言葉です。なんとしても一緒に働きたい!と思っていて(オファーさせていただいた方は皆様そうですが)全力でお話したものの、我々の想いと実態を100%届け切ることが叶わず、他社での挑戦を決意されたとのことでした。 キャディ株式会社で人事の責任者をしております、原です

スキ
47
創立4年目急成長ベンチャーの新設ポジションに業界未経験で挑んでみた
+1

創立4年目急成長ベンチャーの新設ポジションに業界未経験で挑んでみた

はじめまして。 キャディ株式会社に2021年8月入社しました砂押と申します。 月日が経つのは本当に早いもので入社して1ヵ月が経ちました。 今回は、産業装置などのモノづくり産業のバックグラウンドがない私が入社して1ヵ月で何 を感じたのかを共有させていただきます。 1.キャディってどういう会社?キャディのミッションは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」、100年以上イノベーションが起こらなかった製造業調達市場に対して、まさにその イノベーションを起こすべく「受発注プラ

スキ
28
製造業のプラットフォームは何故難しく、面白い?キャディの挑戦
+1

製造業のプラットフォームは何故難しく、面白い?キャディの挑戦

どうも、キャディで装置事業部の事業部長をしております、幸松と申します。 この度キャディでは、シリーズBラウンドで80.3億円の資金調達を実施しました。(背景やキャディの目指す将来は以下のnoteをご覧ください) 「キャディってすごく成長してそう」 「プラットフォームってキラキラしてるよね」 「とにかくスケールがでかい」 資金調達のニュースの裏で、ありがたくもこんなコメントをもらうことも増えました。ですが、キャディはまだまだ山の一合目にもたどり着いておらず、壮大な挑戦のさ

スキ
29
キャディ採用担当が選考エントリーから入社1ヵ月経つまで
+2

キャディ採用担当が選考エントリーから入社1ヵ月経つまで

はじめまして!キャディ株式会社HRの太田です。 この度キャディではシリーズBラウンドで80.3億円の資金調達を実施しました。2030年にはグローバル1兆円の受発注プラットフォームを目指しており、今後、製造業マーケットでの変革とさらなる成長を加速させていく予定です。 私自身は2021年8月にキャディに入社し、採用担当としてキャディの成長を組織の面から加速させるべく、日々奔走しています。 こちらのnoteでは、実際にエントリー~入社1ヵ月の現在までを振り返りながら、キャディの

スキ
41
トヨタからキャディへ入社して感じた、両社の違いについて

トヨタからキャディへ入社して感じた、両社の違いについて

キャディに入社して、早いもので約4ヶ月経ちました。前職トヨタ自動車という日本一巨大な企業から創立4年のベンチャーという180度環境が違う組織に入り、色々な違いを感じたので、この記事では自分が感じた違いを書きたいと思います。 ①カルチャーは自分達でつくるもの トヨタ、キャディどちらの企業も働く上で大事にしている企業文化というものが存在します。ちなみに、キャディのカルチャーを記したものはこちら。キャディでは、カルチャーは自分達でつくっていくものというマインドを大事にしています

スキ
23
モノづくり産業へ愛をこめて…

モノづくり産業へ愛をこめて…

モノづくり産業に携わるようになって、2年が経とうとしています。 正直私は特定の物事を深く好きになりにくいというか、何事にも広く浅い性分なので、コンサルティング業界からキャディに入社し、製造業ど真ん中で働いたときに、果たして自分は飽きずに続けられるのか結構不安でした。 ところがどっこい、働けば働くほどこの業界のディープさにはまっていっております。日に日にモノづくり業界、そしてそこで働く人たちへの尊敬は増す一方で、この業界に貢献したいという思いが強くなっています。 この記事

スキ
130
OKRを考えるときのチェックリスト(未完成版)

OKRを考えるときのチェックリスト(未完成版)

今、キャディは3ヵ月に1回の大イベントを迎えております。そう、OKR策定です。OKRを決めるのです。さあ大変。(て、記事を書いているうちに殆ど全チーム決まりましたが笑) 私はかれこれ、1年間くらいOKRを決め続けているのですが、未だにOKRを決めるのに苦戦しております。上手く決められず、色々な人に助言を求めつつ、どうにかこうにか設計しています。 OKRとはどんなに素晴らしいかを高らかにうたっている本は数あれど、OKRを作るときの参考になる本はそんなに多くない気がしています

スキ
194
キャディに入ったらやると良いこと ─ 舞台に立って前に出ようというお話

キャディに入ったらやると良いこと ─ 舞台に立って前に出ようというお話

こんにちは。キャディの吉田です。 ここ数ヶ月で会社のメンバーがググっと増えまして大変喜ばしいです!みんなとても良い人です。一方で、良い人すぎるせいか「ちょっと遠慮しちゃってる?」とも思ったので、僭越ながら一本書いてみることにしました。 入社1年半の吉田より独断と偏見に基づく「キャディに入ったらやると良いこと」お伝えします。ビジネスサイドの見方に偏ってるのは確かなので悪しからず。 1. キャッチアップ中とか気にせず発言しようキャディに入社する方は総じて理性的です。それがゆ

スキ
98
【辞めトヨタその②】入社エントリ)調達の変革がしたくてキャディに入った話

【辞めトヨタその②】入社エントリ)調達の変革がしたくてキャディに入った話

こんにちは、2月にキャディに転職した関と申します。実は、キャディにはトヨタ出身者が複数名おり、下記の河野さんもその一人。 しかし、実は私がキャディに入社したトヨタ転職者第1号なんです!!  いつか書こう、んーでもまだいいかな。。と思い続けて早2ヶ月経ち、気付いたら先に記事を書かれてしまい、二番煎じとなってしまいましたが、改めて私も転職エントリを書かせて頂きます! 新卒でのトヨタ自動車入社就職活動では、「世の中に大きなインパクトを与える会社がいいな」というなんとも大学生らし

スキ
100
【入社エントリ】自分自身のポテンシャル解放に向けて一歩踏み出した話

【入社エントリ】自分自身のポテンシャル解放に向けて一歩踏み出した話

社会人3年目を迎えた2021年4月より、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに掲げたキャディというスタートアップに入社しました。 新卒就職からキャディに入社するまでのこの2年間、自分が想像していた以上に多くの経験ができ、同時にたくさんの葛藤がありました。今回はまず前職でどういう経験があったのかということ、そしてなぜキャディに身を転じたのか、今何を目指しているのかということをnoteに残したいと思います。 新卒就活で感じたこと私は新卒で機械の専門商社に入り、

スキ
23